審査甘い消費者金融ならアコムがおすすめ?

消費者金融は銀行ローンより審査の難易度が低いという話は聞いたことがあるでしょう。融資全般に言えることですが、金利と審査の難易度は大体比例しています。銀行は低金利で融資できるのがメリットですが、審査のハードルは高くしています。金利は保険としての意味合いもあり、低金利であるほど金融機関はリスク管理を徹底しようとするのです。融資対象者を厳選していくので、借入できる人は必然的に少なくなります。アコムは大手消費者金融として有名で、審査甘いという噂が流れています。簡単に借りられると考えている人は多いですが、そもそも闇金とは性質がまったく異なるものです。

お金を借りるためには相応の信用力が必要となり、これは返済能力のことです。完済できるだけの能力があると審査で判断されなければ、1円も借りることはできません。例えば無職・無収入で申し込みしても絶対に借りられないので、収入ゼロの状態で審査を受けるのは避ける必要があります。信用情報機関には申し込み履歴も登録されますので、借りられない状態で申し込みする行為にはデメリットしかないです。仕事をしていない人は、まずは就職をすることが前提になります。アコムは審査甘いという話が聞かれていますが、あくまで他社と比較して相対的に見たときです。決して誰でも借入できるわけではありませんので、この点は誤解がないようにしてください。

借入できる人は20歳以上でかつ安定的な収入がある人になり、この2条件をクリアすることが大前提です。例えば安定的な収入があったとしても、19歳ならば申し込みはできません。逆に20歳を過ぎていても無職ならば同じく申し込みできないのです。申し込みするときは本人確認書類が必要になりますし、信用情報機関に情報開示請求をされます。嘘をついても確実にバレてしまうので、運良く借りられるという都合のよい話はないです。もちろん過去に債務整理をして、ブラックリストから消えていない人も借入はできません。

アコムから借入できるか確かめるためには、簡易診断を受けてみるのが得策です。公式ホームページの3秒診断をすれば、即座に申し込みできるかわかります。入力する項目は年齢と年収、他社借入の3条件だけとなります。ここで融資可能と診断されたから100%本審査に通過するとは限りませんが、かなり信ぴょう性の高い情報であることに違いはありません。注意したいのは信用情報に関する記載がないので、過去に債務整理などをした人は本審査に通過できない可能性があることです。

ローンの審査というのは絶対基準は存在せず、申込者の属性によって通過率は大きく変わってきます。通過しやすいのは公務員と会社員であり、収入が安定しているためです。パートやアルバイト、派遣社員などは収入が不安定になりがちですし、収入自体が少ないケースが多いでしょう。また個人事業主の場合も収入が月によって変動する傾向があるため、公務員や会社員と比較すると不利になります。学生はバイト収入が主な収入源となりますし、仕事が本業ではありません。そのため借入できる確率は非正規雇用や個人事業主などと比較しても低いです。
借入ができないのは無職や専業主婦で、理由は収入がないためです。銀行融資の場合は配偶者に安定的収入がある場合は、専業主婦にも融資してくれる可能性があります。この仕組みは消費者金融にはありませんので、無職や専業主婦の人は申し込みを避けるようにしてください。最初から落ちてしまうとわかっている状態で申し込みする行為にはデメリットしかないからです。信用情報機関にネガティブな履歴が残されてしまうと、今後にローンやクレジットカード契約をするときに不利になります。

審査甘い消費者金融を探すときは、非正規雇用の人に融資しているか確かめるのが得策です。審査のハードルを高く設定している金融機関だと、融資対象は公務員と会社員に限定しているケースがあります。逆にパートやアルバイトの人に融資している場合は、審査の難易度はそれほど高くはないと言えます。もちろん無条件で借入できるわけではなく、収入や返済能力に見合った希望額を設定することが大事です。逆に言えば希望額を高く設定すれば、公務員や会社員でも借入できない可能性が高くなります。

アコムの審査に落ちてしまう人は、無職・無収入だけではありません。社内ブラックになっている場合も該当するので、関連会社で融資を受けて長期延滞したり、債務整理をしたりした人も注意してください。また延滞などがまったくなくても、他社の借入が多い状況でも厳しくなります。消費者金融から借入できる金額は、昔より確実に少なくなっています。総量規制が誕生したことで、借入できる最高額は年収の3分の1以内になりました。現時点で他社からこの金額を借入している場合は、アコムから追加融資を受けることはできません。総量規制は他社の借入も含めて計算するので、他社から融資を受けている人は一度計算してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です