みずほ銀行カードローン 審査 甘い

MENU

▼最短即日でお金を借りる▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!

みずほ銀行カードローンの審査甘いのか

みずほ銀行カードローンに申し込みをする際に審査甘いのか気になる人もいますが、厳しいものだと考えた方が良いでしょう。審査の基準は各金融機関で異なっており、公開されているのは利用条件だけであるため正確に比較はできませんが、推測できる要因に金利の低さがあります。金利の高い消費者金融では、利息の収益が高くなるので貸し倒れが発生したときでもカバーしやすく、審査に通すための基準が低くなる傾向があります。銀行では金利が低いところが多く、みずほ銀行カードローンもこれに該当しますが、利息の収益が少ないので貸し倒れの損失が大きいです。このリスクを回避するには利用者の返済能力が十分にあるのか慎重に判断する必要があるため、少なくとも信販系や消費者金融と比べた場合には甘い厳しくなります。

 

また、他の銀行でも同様ですが、一般的に保証会社の利用も必要になっていることも落ちる要因です。オリエントコーポレーションが指定されていますが、申し込みをする際には手続きを行ってくれるので自分で行わずに済み、通常は意識することのないものです。しかし、実質的に2つの金融機関と契約する必要があります。例えばみずほ銀行を利用するのが初めての場合であっても、過去にオリエントコーポレーションのクレジットカードの利用などで返済の遅延などをしていると信用を得るのが難しくなり、保証を受けられずに落ちることがあります。

 

ただし、利用条件については厳しいものではなく、20歳以上66歳未満で安定した収入があれば申し込みができます。職業も指定されていないので、派遣社員などの非正規雇用だけでなくアルバイトやパートでも借り入れが可能です。ただし、専業主婦の場合は収入がないので、配偶者が働いていた場合でも利用できないことに注意が必要です。また、年金受給者でも借りられますが、年齢制限が高くなるわけではないので老齢年金の場合はこちらが問題になります。

 

審査に通りやすくするためには、年収の高さよりも安定性の方が重要になります。高収入であっても、それが不安定であれば貸し倒れになるリスクが高いです。当然ながら高額の借り入れを希望する場合、総量規制の対象外であっても法律で制限されていないだけなので、信用を得られるだけの年収が必要です。また、みずほ銀行カードローンは契約の際に口座がなければ開設が必須になっており、住宅ローンを利用していると金利が下がる仕組みになっています。

 

これらのことから、申し込みをする前に口座を開設して給料振込み先に指定することで取引の実績を作ったり、住宅ローンで遅延せずに返済を続けていれば信用されやすくなると言えるでしょう。その逆で他社であっても遅延したり債務整理をするなどの問題があれば個人信用情報機関に事故情報が記録され、ブラックリストに載ったと呼ばれる状態になるので審査に通らなくなります。口座を事前に開設するときは、残高が少なすぎる場合も警戒される恐れがあるので、十分な金額を入れておいた方が良いです。

 

申し込みをする前に準備した方が良いこととして、もし他社の借り入れがある場合には返済を進めて残高を減らし、契約数が多い場合にも同様に解約して整理をしておきましょう。個人信用情報機関にはクレジットカードやローンの利用状況が記録されており、審査ではこれを参照して信用を判断する重要な材料にしています。借り入れや契約数が多過ぎれば遅延などのトラブルになるリスクが高いと判断されるので、審査で不利になります。遅延していなければ悪影響が出ないということではないので、注意が必要です。

 

提出書類には他社の状況も記載しますが、前述のように把握できているので虚偽の申告をすれば落ちる原因になるため、正直に書きます。希望額が50万円以内であれば収入証明書の提出は不要ですが、在籍確認は行われるため、例えば無職の人が虚偽の申告をしても在籍の実態がないと分かるので通りません。

 

希望額は必要最低限にしておくことも、審査に通るためには重要なことです。広告などには限度額の上限が掲載されていますが、新規契約のときにこの金額が設定されるものではないです。一般的には年収の10〜20%程度になる場合が多く、それから利用を続けて信頼を得てから増額の申請をし、ここで再び審査を受けて通ったときに引き上げられる仕組みになります。高くなるほど貸し倒れのリスクが上がるので審査も厳しくなります。契約できなければ増額もできないので、まずは通ることを優先して50万円以内にしておいた方が良いでしょう。

 

短期間で改善できるものではありませんが、属性が問題になって審査に落ちる場合があります。例えば勤続期間が半年未満であったり自宅が賃貸である、固定電話を契約していないなどが挙げられます。審査に落ちてしまうときには、金利は高くなりますが、消費者金融のカードローンを検討してみても良いでしょう。

▼最短即日でお金を借りる▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!